Top > 狩場 > バッカニア
HTML convert time to 0.116 sec.


狩場/バッカニア

Last-modified: 2010-04-13 (火) 22:08:35

バッカニアについて Edit

効率と赤字は比例する。

この一言に収まってしまうのがこの職、バッカニア。
主にムーンサルト、エネルギーバスター、ショックウェイブを用いて狩ることになるのだが、
そのどれもが攻撃範囲が狭かったり、隙が大きかったりで、とにかく赤字要素が多すぎる。

懐に余裕があるのであれば、どこでも赤字を気にせず敵の真っ只中でアババババと範囲攻撃連打するのが一番高効率。
しかしこのようなごり押し狩りをすると赤字率・死亡率は効率に比例して増してゆく。
なんという二律背反。自分の懐事情とよく相談して、身の丈に合った狩場を選択していくといいだろう。

※表記時給はサクなしで統一。飽くまで目安程度に。

狩場探しのススメ Edit

同じ海賊の銃とは対照的で、複数攻撃をメインに戦う。
よって、よく湧く狩場を選んで行きたいのだが、
近接職にしては低めの体力、どれも一癖ある主力複数攻撃スキル、とにかく狭い攻撃範囲、
それら全てを考慮に入れると、狩場の選択肢はあまり多くはないのではないだろうか。
基本的に遠距離の反撃を仕掛けてくる相手には分が悪いことも書き加えておく。

Lv70-80 Edit

インファイターに毛の生えただけのような時期。そしてエナジードレインが嬉しいお年頃。
被ダメージ500程度の相手ならドレインで簡単に黒字転化が可能だろう。

研究所202号室? Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
80-90ホムンクルー60%攻撃の書(ナックル)
スチールルノetc
400k/h600k/h(SDT時)
ホムンスキュラ雷の手裏剣

人気マップの一つ。黒字狩場。Lv80ナックルを落としてくれるのがとてもありがたい。
左方向には3〜6匹ほど溜めなしパンチで集めてムーンサルト。
右方向には全ての敵にパンチやムーンサルトを一撃当て、右側台の上からムーンサルト、が基本戦法。
エネルギーが溜まった際は、3体以上に攻撃可能なレベルであればエネルギーバスターの方が使いやすい。
ショックウェイブ先行の場合は、残念ながら安置がない。
だが、階段の一段目までなら範囲を保ちつつ攻撃可能なので安心してほしい。

ゴーレムの森 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
55-75
80-85
D.ゴーレム60%攻撃の書(両手剣)
ジョイントゴーレム60%攻撃の書(手袋)

最大溜めパンチでダメージを与えた後に、ムーンサルトで一気に刈り取るのがオススメ。
80Lv付近になると、スキルによってはジョイントゴーレムも一撃で落とせるようになり、再びおいしくなる。

慙愧の洞窟? Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
70-80ウィンドライダー60%攻撃の書(短剣)

湧きが3体以下の段はエルボー+アッパー(orバスター)、4体以上湧いている段はパンチで集めてムーンサルトがいい。
エネルギーバスターとスタンマスタリーが育つに連れて効率は上がっていく。
補充の度に非常に危険な道のりを行く必要があるため、薬の持参量は多い方がいい。特に帰還の書やいちご牛乳は必須。
ドロップに目ぼしいものがないため、赤字覚悟で臨もう。
グループ狩りの場合、上段を狩ると異常なまでの効率を生み出せる。

Lv80-90 Edit

周りの3次職がどんどん強くなっていく中、何のスキル補正もない1次スキルムーンサルトをぶん回す。

隠魔の森? Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
85-110エルダーレイス139-2.5〜3.5m微赤〜微黒

寄って来る、反撃なし、移動速度遅い、湧き早い。数少ないバッカニアのための狩場。
適当にムーンサルトしてるだけで集まってきて、いつの間にかエネルギー充填完了。
移動速度が遅いため、4匹以上かたまってる場合でもエネルギーバスターで押せることが多い。
欠点は、被ダメージが多くエナジードレインが機能しにくいことと、ドロップがほぼないこと。
そして必要命中率が高いこと。最悪、多少攻撃力を落としてでても来る価値はある。
ソロでの効率に関してはこの時期ダントツと言ってよいだろう。
Lv100を超えてくると、他の狩場やグループ狩りの効率に追い越される。

万一ヘッドネスホースマンが出てきた場合、低Lvのうちは逃げた方が得策。

曲がっている時間 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
85〜ブレイブパイレーツ雷の手裏剣
60%攻撃の書(鉾)
30%呪われた攻撃の書(銃)

基本はバックエルボー(パンチ)⇒ダブルアッパーorムーンサルト(orエネルギーバスター)の繰り返し。
立ち回りはマップのページ参照。
Lv85以下だとレベル補正のため硬くなるので効率が悪く、まずくなる。
エネルギーバスター21、スタンマスタリー10以上が好ましい。
坂がある場所のみ、坂側に寄せて安置からエネルギードレイン、バスターにより安置狩りが可能だが、、
ドレインが安置ギリギリに立たなければ当たらないなど、効率の悪さが目立つため無視推奨。
これをちまちまやるくらいなら、敵陣に突っ込んでバスターしてさっさとレベルを上げたほうがいい。

駐車場 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
80-90手下D青龍偃月刀
幹部B破魔の弓

手下Dの反撃が中々痛いので、パンチの無敵時間やその他スキルを上手く活用すると良いだろう。

火狸金融? Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
80-90手下D青龍偃月刀
幹部A

駐車場と同じように手下Dの攻撃が痛い。無敵時間で懐を守ろう。

赤鼻海賊団の盗掘2 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
80-85クルー
マスタークルー

上下2段に分かれている狩場。反時計回りに狩るといい。
集めてムーンサルトorエネルギーバスターをするのが吉。

死んだ木の森2? Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
80-85クーリゾンビ

かつてMAPの大改悪により一気に使用者が減ってしまったが、湧き増加により人気を取り戻しつつある。
一撃で倒せるならそこそこの黒字が出せる。

Lv90-100 Edit

エネルギー型にしろトランスフォーム型にしろ、やっとスキルが揃ってきた頃か。
今までの狩場ではより高い効率を叩き出せていることと思う。
しかしスキルが揃うということは、効率の伸びが停滞するということと同義。
そんなときは、新天地へと足へ運んで気分転換をするといい。
こんなところでも狩れるんじゃないかな、こっちはどうだろう、と心はまるで初心者気分。
結局今までの狩場が一番いいことに気づき、いつもの狩場への愛着が増すことだろう。

クリムゾンウッド山脈の森/歪みの道? Edit

出現する敵必中命中率狙いたいドロップ時給(EXP)
ビッグフットトナカイの乳50本1体500K

1体500,000EXPでHPもたいして多くないが、移動速度が速く接触は最大5.6kときつめである。
しかしKB3000ほどなので、左側にパンチで寄せてムーンサルトし続けたり、
エネルギードレイン押しっぱでも狩ることができるので、薬の消費はないに等しい。
更にビッグフットは必ずトナカイの乳を50前後落とすので黒字は約束されたようなもの。
だが湧き時間が不明瞭なのと同業他者も多いため、ホンスター補充の際の息抜き程度に考えるといいだろう。

フリーズケンタウロス? Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
90〜フリーズケンタウロスシャムシール(盾)?
月牙刀

バッカニアは90Lvを超えた辺りからようやくまともな収支でケンタウロスを狩れるようになる。

  • Lv91、エネルギーチャージ40、エネルギーバスター21でEXP1.3m/h、赤字額は700kメル/h。

深淵海峡2 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
90〜オハゼキャノン12860%攻撃の書(投擲)
60%攻撃の書(銃)
2M/h
オハゼ106
ボーンクラピ13960%知力の書(全身鎧)
60%素早さの書(全身鎧)

エネルギーバスター、スタンマスタリーMAX推奨。エネルギードレインも1でもあると結構便利。
オハゼキャノンは接触ぎりぎりの位置でエルボー&アッパーを繰り返すことで、物理無効を発動させずに破壊可能。
破壊後はムーンサルトでオハゼのタゲを取り、ムーンサルトorエネルギーバスターで殲滅。
ボーンクラピも気絶攻撃で物理防御させないように狩る。
基本赤字だが、ドロップ次第で黒字になるかもしれない。
ボーンクラピのETCは中級モンスター結晶3になるので集めておくのも良い。

リプレ/壊れた龍の巣 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
95ノーブルドランソロ:1.5M〜3.5M黒字
はぐれノーブルドランゴーレム?

基本はストレートとドレイン連打。チャージ時は更に常時接触してダメージを少しでも多く与える。
反撃の頻度が少ないことを利用し、攻撃を受ける瞬間だけパンチでやり過ごすことで赤字はなくなる。
ソロでは中下段で戦う。メインウェポンであるエネルギーバスターを使用しないため、効率はいまいち。
参戦はLv105からとなるが、PTがおすすめ。上中下段のどこでも担当できるのが強みである。

Lv100-110 Edit

卵だの骨だの神殿だのと他職がガヤガヤやっている中、今日も健気にモンスターと拳で語り合う。
飽きにも負けず、赤字にも負けず、他職やサブへの誘惑にも負けず、頑丈な意思を以って臨むべし。

大仏との邂逅 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
(100〜)110〜珠蟲姫12570%呪われた素早さの書(耳飾り)
30%呪われた攻撃の書(弩)
青雲剣
トランス不使用
4m/h
トランス使用
2m/h赤字
トランス不使用
500k/h黒字
天狗16930%呪われたジャンプの書(靴)
30%呪われた魔力の書(棒)
砕骨刀

ご存知平面鬼湧き狩場。集め狩り推奨。HP5000以上あるとメル収支が大きく変わるので、できれば欲しい。
Lv100付近から行くと美味い。エルダーレイスが物足りなくなったらどうぞ。
湧きが良いので、殆どの間エネルギー充填状態でバシバシ狩れる。
そのため姫の攻撃を2発以上耐えるHPさえあれば、ドレインを交えるだけで薬の消費がほぼゼロになる。
集める時に無敵時間のあるパンチを挟むことで赤字を抑えられるが、その分チャージが遅れ効率が下がる。
トランスフォームを交えて狩ると効率アップ。例に漏れず、赤字もアップアップ。
状態異常を仕掛けてくるようになったため、解除薬を忘れずに。
天狗が湧いた場合どうしようも無くなるので高レベルの方に任せるか、狩場自体を諦めよう。

武器庫 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
100〜ファイアブル13960%攻撃の書(両手剣)
炎の杖
トランス不使用
1.6〜3m/h
親分128漆黒の傘
雷の手裏剣
日本列島
雷の杖

赤字・黒字は狩り方次第だが、最終的には黒字の狩場。
エネルギー系スキル三種のレベルMAX付近の状態を強く推奨。
Lv90付近からの参戦も可能といえば可能だが、それなりの命中・装備の準備、そして赤字を覚悟すること。

パンチを溜めずに連打することでノーダメージで集めながらの移動が可能。
パンチ→ムーンサルト→パンチでも無敵状態を維持したまま集められる。
集めたらムーンサルト連打。できるだけ6体巻き込みつつ速やかにエネルギーを溜めること。
エネルギーチャージ時は、エネルギーバスター→エネルギードレイン(orムーンサルト)の繰り返し。
親分と対峙している場合はHP4700以上を常に維持するように心掛けること。
加えて、出来るだけチャージ状態で相手をするのが望ましい。
トランスフォーム状態での効率上昇は凄まじいが、同時に赤字額も跳ね上がるので使用の際は注意。
赤字に耐え切れない場合はトランスしないことも視野に入れること。

  • (補足)戦車中段からエネルギーバスターが当たる。よって集め狩りも可能。

レッドワイバーンの巣 Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
(90〜)
100〜
レッドワイバーン136ドラゴンの鱗
ドラゴンの霊魂
60%幸運の書(全身鎧)
60%攻撃の書(銃)
ラヴァナイフ(盾)
[マスタリーブック]オーバースイング30?
2m/h赤字

下ジャンプ実装により非常に動きやすくなり、狩場の選択肢の一つに。
ある程度の火力と命中があればLv90からいけるが、例の如く赤字は覚悟で。
一段に大体3〜4匹湧くため、21Lv以上であればエネルギーバスターが光る。
正直ここでショックウェイブを使うくらいなら、
ムーンサルトで突っ込んで一気にチャージし、エネルギーバスター連打の方が効率がいい。

ジャンプバックエルボーとダブルアッパーをうまく使えば赤字を抑えれるが、その分効率も低下するので注意。
ほぼ赤字確定だが、ETCが中級モンスター結晶3になるため露店で売るなりすれば多少の金になる。

ブルーワイバーンの巣? Edit

目安のレベル出現する敵必要命中率狙いたいドロップ時給(EXP)時給(メル)
100〜ブルーワイバーン144ドラゴンの鱗
ドラゴンの霊魂
60%攻撃の書(両手剣)
[マスタリーブック]スーパートランスフォーム20
2.3m/h赤字

比較的空いてるのでレッドワイバーンの巣が空いてない時などに。
レッドワイバーンより経験値が多く、その効率はレッドワイバーンを越える。
その代わり被ダメの多さなどからレッドワイバーン以上の大きな赤字となる。
ブルーワイバーンはETCが上級モンスター結晶1なので注意。

Lv110-120 Edit

ああ、飽きた。
そんなときは、初めてその狩場に来たときのことを思い出してみるといい。
あの頃はあんなに苦戦していた相手だが、今や赤子の手をひねるかの如くサクサク狩れる。
成長の実感と、更なる成長への期待を胸に湧き上がらせることで、狩りへのモチベーションを上げるのだ。