Top > スキル > スナイパー
HTML convert time to 0.047 sec.


スキル/スナイパー

Last-modified: 2010-12-05 (日) 20:45:34
1次職(Lv10〜)
アーチャー
2次職(Lv30〜)3次職(Lv70〜)4次職(Lv120〜)
ハンタークロスボウマン?レンジャースナイパーボウマスタークロスボウマスター
シグナス騎士団
ウィンドシューター1次?ウィンドシューター2次ウィンドシューター3次

スキル一覧 Edit

スキル名Max説明
補足説明
&ref(): File not found: "スラスト.gif" at page "スキル/スナイパー";スラスト20移動速度を増加させる。
-
&ref(): File not found: "モータルブロー.gif" at page "スキル/スナイパー";モータルブロー20一定確率で敵が近くに接近したときも弩を射ることができるようになる。
ランダムで即死させることがある。
[必須]:3次スキルアローイラプションの前提 Lv5
&ref(): File not found: "パペット.gif" at page "スキル/スナイパー";パペット20一定時間パペット(自分の分身)を召還。パペットはモンスターからの攻撃を代わりに受ける。
[必須]:3次スキルゴールデンイーグルの前提 Lv5
&ref(): File not found: "アイスショット.gif" at page "スキル/スナイパー";アイスショット30矢に氷の属性を与えて単体の敵を攻撃する。攻撃を受けた敵の後ろに氷の塊が発生し、
氷に触れたモンスターもダメージを受ける。弩を装備している時だけ使用が可能。
-
&ref(): File not found: "アローイラプション.gif" at page "スキル/スナイパー";アローイラプション30地中に多数の矢を撃って地面を貫き周りの敵を攻撃する。
一度に攻撃できるのは6体までで、弩を装備している時だけ使用が可能。
[条件]:モータルブロー Lv5
-
&ref(): File not found: "ゴールデンイーグル.gif" at page "スキル/スナイパー";ゴールデンイーグル30金色の鷲を召還する。この鷲は主人の周りを飛びながら近くのモンスターを攻撃する。
鷲は一定時間経過かHPが0になると消える。
[条件]:パペット Lv5以上 
[必須]:4次スキルフリズベルクの前提 Lv15
&ref(): File not found: "ストレイフ.gif" at page "スキル/スナイパー";ストレイフ30単体の敵に4発の矢を放ち攻撃する。
-

スキル振り Edit

卵目指してストレイフ先振り Edit

リプレ/壊れた龍の巣での安置からのノーブルドラン狩りは楽かつ効率が良い。
狩場に着くまでが大変で、ノーブルドランゴーレムの接触や攻撃で一撃死することもあるので注意。
HP2200必須、HP3100以上推奨。ノーブルドランに対しての必中命中率はLv70で317、Lv80で266。

skill/Lv70717273747576777879808182838485868788899091929394
パペット-----------36------------
アイスショット-1-----------------258111417
ゴールデン
イーグル
-------------36912151820-----
ストレイフ136912151821242730--------------

後はイラプションMAX、パペットMAX、モータルMAX、残りはイーグルorスラストに。

オハゼ目指してイラプ先振り Edit

ソロ狩りであれば、姫の大赤字狩りを除けば効率トップを誇り、またそのメル収支もかなりのもの。
余程のコネや資産が無い限り、3次の狩場はそんなオハゼが中心になることが大いに予想され、
またそれを目指したスキル振りが最も効率の良いものと判断できるため、
オハゼに辿り着くためのスキルを優先的に上げることになると思われる。
必要なスキルは優先順に以下の通り:アイス1,イラプション,レイフ,パペット6
モータル、ゴールデンイーグル15以降、スラストは好みで。
よってアイス1と、イラプションの習得を最優先する。
それと、オハゼはある程度慣れが必要。しかし慣れれば怖いもの無し。

LvスキルSLv
70アイスショット1
モータルブロー5
72アローイラプション1
73ストレイフ1
79アローイラプション20
81パペット6
88アイスショット21
98ストレイフ30
101アローイラプション30
106パペット20
115ゴールデンイーグル30
120(モータルブロー)20

オハゼ目指してイラプ先振りした後卵目指してレイフ次振り Edit

3次職前半でオハゼを楽しみ尽くし、推奨HPを手に入れる頃に卵へ移ろうという適時適所型。

LvスキルSLv
70アイスショット1
モータルブロー5
72アローイラプション1
73ストレイフ1
79アローイラプション20
89ストレイフ30
91パペット6
91ゴールテンイーグル1
101ゴールデンイーグル30
108アイスショット21
111アローイラプション30
116パペット20
120(モータルブロー)20

イラプ先振り Edit

スキルSLv
アイスショット1
ストレイフ1
モータルブロー5
アローイラプション28
ストレイフ30
アイスショット21
パペット20
スラスト10
アローイラプション30
ゴールデンイーグル20
モータルブロー20

120時点のスキル推奨 Edit

スキルスラスト削イーグル削スラスト10モータル削
スラスト0151015
モータルブロー2020205
パペット20
アイスショット21
アローイラプション30
ゴールデンイーグル30152030
ストレイフ30
合計151

4次スキルとの兼ね合いを考えても上記4種を推奨。
移動が常に140じゃないと気に入らないならスラスト優先。
これから凍らない敵が主戦場になることを想定するなら鷲優先。
狩りの安定を目指すならモータル優先。とするべき。

スキルポイントを考えると、
モータル5+パペ20+アイス21+イラプ30+鷲15+ストレイフ30=121
これはどんな振り方でも必須。余りは30P。
ここで残りのスキルを4次の視点から考えてみる。

  • スラスト
    移動が上がる。パッシブスキルなのが最大の魅力。
    移動が常に140じゃないと気に入らないなら優先していいか。
    移動装備に拘る必要がなくなるため、間接的に火力・効率は上がる。

    移動速度はLv120以上を見越すと、武器のリバース ブラックビューティーで+12、移動速度の丸薬で+10、
    計+22は確保できるので、残り+18を補えるLv9もあれば十分だろう。
    ただしグレイヴのように移動補正のない武器を使用する場合、Lv10でも移動140を保つのは厳しい。
    今後移動の付いていない上位武器の実装などを考えると将来性がある。が、可能性は限りなく低い。

    移動速度を常時高水準に維持できるのは魅力的だが、
    卵・骨などではあまり意味が無い上に4次以降は特に盗賊とPTになり易い。

    またパッシブスキルであるということは、裏を返せば移動速度の調整ができないということ。
    水中においては過度の機動力増加は縦移動の微調整が効かなくて逆に鬱陶しい場面もある。
  • モータル
    最低のLv5で45%、Lv20だと90%のパッシブ便利スキル。MAX推奨。
    ただしMAXでさえ発動率90%とは期待外れでもある。
    基本的には狩り時によくある「目の前に不意に湧いた敵」に対処するための危機回避スキル。
    突然湧きへの対処、偶然の物理1状態の敵処理、挟まれた状態からの脱却等、役割は『事故防止』。
    あまりそのありがたみが実感できないタイプの仕事であるが、非常に重要。
    積極的に狙って使うものではなく、他のゼロ距離発射可能な攻撃スキルとは使いどころが全く違う。
    5でも20でも困ることはないだろうが、高くて困るということもない良スキル。レンジャーの方も参照されたし。
  • アイスショット
    21から30にあげても威力が5%しか上がらない。
    9ポイントも使ってこのスキルの威力を5%上げるよりは、もっと有益な3次スキルの振り方があるのではないか。
  • ゴールデンイーグル
    15から30に上げると気絶確率が88%から99%になる。
    体感上99%で気絶しなかったことはほぼない。
    パッシブスキルと違って15と30(29)以外の中途半端な数値で止める利点は見当たらない。
    3次中から卵中段で狩る場合、これが30だと2匹を相手することができ時給当社比1.5倍。
    凍らない敵にも対処し得るこのスキルは、神殿の後悔を進めるときにも大いに役立つ。
    今後、凍らなくうまい敵が実装されたら日の目を見ることになるだろう。

    しかし3次の間は便利だろうが、4次以降は使用頻度が激減する。
    大抵の狩場で フリズベルク1>ゴールデンイーグル30 なのだ。
    3次で卵に行きたい、または想定される凍らない新しい敵に対し投資するなら30。でなければ15止め。
    もしくはスラストを10で止めて20で止める(気絶率94%)。これが使用に耐えうる最低限の範囲か。
    弓の鷹と同じ使い方を期待しないならば気絶率はこれでも十分とする声もある。
    余りSPと使用頻度、どうせ15まで振らないといけないことから、考慮に値する。